くぼのすけ

「ひとり時間」で得た知識を発信。内容はお金、ビジネス書、本、アニメなど。あなたの「ひとり時間」も充実しますように。

かんたん!おすすめの節約方法~抑えるべき『3つの消費』~

 貯金箱, お金, 貯蓄, 金融, 経済, 成功, 現金, 会社, 銀行, 豚, 市場, 利益, 投資, 会計

「クレジットカードの来月の払い額を見て驚いた」

「銀行の引き落とし額こんなにあるの…」と思った事ありませんか?

 

私はよくありました。(笑)

「このまままではまずい・・」と思い、節約開始。

結果月1万円ほどの節約に成功しました。

 

この記事では簡単にできる節約方法を紹介いたします。

ポイントは「『3つの消費』を無理なく抑えること」です。

それだけで簡単に節約ができるようになります。

 

「3つの消費」とは次の3つです。(難易度やさしい順)

 

  1. 衝動買い
  2. 固定費
  3. 食費

 

ひとつずつ紹介していきます!

 

1.衝動買い

 

「この服、思わず買ってしまったけれど、結局数回しか着てない」

こういう時、なんとも言えない悔しさが残りますよね(笑)

 

その時の気分だけで判断すると、本当に必要なものか、考える時間がありません。

本当に必要な物でも、もしかしたら、より安い方法で買えるかもしれません。

 

・通販の場合は一度「カート」に入れて、少し時間を置く。

・店舗の場合はお取り置きが可能か聞いてみる。

 

考える時間を他の日に設ける事で、「衝動買い」は回避できます。

 

2. 固定費

スマホ代や最近流行っているサブスクリプション等。

 

固定費は自動引き落としが多く、払っている感覚がないですよね。。

ただ逆に言うと、固定費を下げると我慢する感覚なく、継続的に節約できます。

 

・格安スマホを利用する。

サブスクリプションサービスの断捨離をする

 

の2点がおすすめです。

 

サブスクをご利用されている方は、全て解約、ではなくジャンルで絞ります。

私の場合、動画サービスはAmazon Primeに絞り、他のサービスには課金せず利用しています。

 

 3.食費

食費はゼロにできませんし、減らしすぎは逆効果です。

なにより美味しい物を食べている瞬間って幸せです(笑)

 

ですが意識できる事はあります。

 

・「なんとなく外食」はなるべく避ける

外食では、すぐに食事ができたり、接客や店内の雰囲気が良い思い出になったり..等

あらゆるサービスを受ける事ができます。その分少し高くなるのは当然ですよね。

 

だからこそ、「なんとなく外食」は節約できるポイントになります。

 

・食材はネット等でまとめ買いする

これは「ついで買い」を避けるためです。

お店はあらゆるマーケティング戦略を利用して、「ついで買い」を促しています。

 

もちろん助かる時もあるのですが、余分な買い物になってしまう事もしばしば。

そうなれば「衝動買い」となってしまいます。

 

長期保存が可能なものは、まとめ買いすると良いでしょう。

(ちなみに私は最近「パスタを3kg」を購入しました。(笑))

 

・今日から少しずつ・・‼

いかがでしたでしょうか。

 

節約は継続してこそ効果を発揮します。

自分の生活に合ったものから始めてみてください。

 

「『3つの消費』を無理なく抑える」、今日から、少しずつ実践してみませんか。