KUBO BOOK

読書が楽しくなる情報を発信中。小説、ビジネス書の紹介もしてます。

努力ゼロで読書を習慣化させる方法【結論:kindle unlimitedをうまく利用する】

 お茶の時間, 詩, コーヒー, 読書, レジャー, テーブル, カップ, 茶, 書籍, ビンテージ

「読書の習慣を身につけたい」

「本を読んで成長していきたい」

 

そう思った方いませんか。

 

今回は、読書を習慣化させるkindle unlimitedの活用方法を紹介します。

この通りに実践すれば、当たり前のように読書を続けることができます。

kindle unlimitedとは、

Amazonで利用できる

電子書籍の定額制サービスのことです。

いわゆる電子書籍のサブスクですね。

  

私自身、kindle unlimitedを使って読書を続けており、

下記の通り現在も35週連続で続いています。

f:id:Kubonosuke:20210715232252p:plain

 

本題であるkindle unlimitedで読書を習慣にする方法は以下の3つです。

 

 

 1つずつ説明していきますね。

 

方法①読みたいと思った瞬間に読書を始める。

Iphone, ビジネス, メール, 通信, スマホ, お知らせ

本は「読みたい」と思った時、すぐに読むのが一番です。

 

時間が経つにつれ、モチベーションが下がったり、

本のことを忘れてしまいます。

 

kindle unlimitedでは、一瞬で本を手に入れる事ができます。

月額のサービスなので決済処理もないです。

 

また本の値段を気にしなくて良いのも、大きな利点です。

 

普通、読みたい本があっても、値段が2000円となれば

多少は口コミや目次をチェックしたりしますよね。ちょっと迷ってしまいます。

 

一方kindle unlimitedのマークがついた本は読み放題なので、

値段を気にする必要がありません。

 

つまり値段で迷う時間がないです。

 

kindle unlimitedであれば、「とりあえず読んでみるか」と

気軽に読み始めることができます。

 

方法②Amazonのおすすめ機能を使い倒す。

トレーナー, ボード, クラス, 教室, コーチ, コース, 教育, 学習者, レッスン, プレゼンテーション

Amazonのサイトやkindleアプリには「kindle unlimitedのおすすめ」があります。

 

「何を読んだらいいかわからない」

「同じ分野の本を読みたい」

 

そんな方にはおすすめの機能です。本を探す時間減り、読書に集中できます。

 

また月に一度メールでkindle unlimitedのニュースレターが届きます。

 

ニュースレターでは

「あなたへのオススメ」「今月の新着書籍」「今月の雑誌」

といった幅広い分野を紹介してくれます。

 

こうした機能を利用することで

同じ分野の本に飽きてしまうのを防ぐことができます。

 

 

方法③「元をとりたい」という気持ちを利用する

 E コマース, オンラインの販売, オンライン販売, 購入, 販売, 市場, 技術, ビジネス

 「毎月お金を払っているから元をとらないと」

という気持ちを利用して習慣化させる方法です。

 

kindle unlimitedは定額制のサービスです。

月に1冊も読まなくても、100冊読んでも同じ値段を支払います。

 

当然月に0冊ではもったいないですよね。

 

私たちは損をしたくない生き物。

これを利用して「本を読まないと損をする」という状況を作るのです。

 

 

「でもそんなにたくさんは読めないよ」という方、安心してください。

 

 

kindle unlimitedは月額で980円(現在)ですので、

ビジネス書を1冊読むだけで元が取れます。

 

 

結果「月最低でも1冊~2冊本を読む」という

少ない負担で、読書を続けることができます。

 

 

このように「元を取りたい」という気持ちを利用すれば、

簡単に読書を習慣にできます。

 

 

まとめ:kindle unlimitedをうまく利用して読書を習慣化させよう

 いかがでしたでしょうか。

kindle unlimitedを使って読書を習慣にする方法は3つでした。

 

  • 読みたいと思った瞬間に読書を始める。
  • Amazonのおすすめ機能を使い倒す。
  • 「元をとりたい」という気持ちを利用する

 

これらを実践すれば、あなたも当たり前のように読書を習慣化することができます。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

kindle unlimitedの詳細はこちら