【ブクログ】「アカウント登録なし」でできる事と「本棚非公開」の方法

f:id:Kubonosuke:20210722143840p:plain

今回は、本のレビューサイトブクログ

「アカウント登録をしないで使いたい。」

「他の人に読書記録を見られたくない。」

という方の使用方法を紹介します。

 

アカウント登録しなくても本は探せる

 

アカウント登録しなくても本は探せます。 

本を探すことが目的なら、アカウント登録せず全く問題ないです。

 

 主な方法は以下の4つです。

 

検索機能

タイトル、著者名で検索することができます。

f:id:Kubonosuke:20210722143937p:plain

また「購入サイト」や「商品媒体」(本、DVD)で絞り込むもできます

f:id:Kubonosuke:20210722144008p:plain

ランキング

人気の本が読みたい方は「ランキング」がおすすめ。

口コミなどの評価も見れます。

f:id:Kubonosuke:20210722144028p:plain

ブックリスト

 ブクログユーザーによるおすすめがリストになっています。

f:id:Kubonosuke:20210722144042p:plain

 リスト作成はアカウント登録をしないとできませんが、

 見ることはできるんですね。

 

新刊ニュース

新しく発売された本が知りたい場合は

「新刊ニュース」をチェックしましょう。

 

f:id:Kubonosuke:20210722144100p:plain

ご覧の通り、

アカウント登録しなくても、

本を探すことには困りません。

ブクログは検索サイトとしても優秀ですね。。

 

「本棚の非公開設定」をすれば他の人に読書記録は見られない。

「アカウント登録はしたけど、他の人に読書記録を見られたくない。」

そんな方には「本棚の非公開設定」をしましょう。

 

操作方法はブクログ公式ページに書いてあります。

そこで実際に「本棚の非公開設定をしたアカウント」を作成して

確認してみました。

 

「普段使用しているアカウント」で

「非公開アカウント」を見た画面がこちらです。

f:id:Kubonosuke:20210722144319p:plain

 

本棚はちゃんと非公開になってますね。

右上の「読書記録」(棒グラフのマーク)も見れなくなってました。

 

f:id:Kubonosuke:20210722144349p:plain

逆に見れてしまうものは

「登録した本の数」「フォロー・フォロワー」など。

 

ここは注意点になります。

とはいえ「本棚の非公開設定」をするだけで

「自分の読書記録を他の人に見られる」のは防げそうです。

 

 

まとめ:使用目的に合わせてブクログを使おう!

いかがでしたでしょうか。

本の検索が目的なら、アカウント登録をしないで

「ブクログ」を使えることがわかったと思います。

 

また他の人に読書記録を見られたくない場合は

「本棚の非公開設定」を行えばよいのです。

 

ブクログは

・アカウント登録はしないけど、本の検索をしたい人

・他の人には見せたくないけど、読書記録をつけたい人

・自分の読書記録を発信して交流したい人

など使用目的に合わせて使えるツールです。

 

是非ブクログを使って、

楽しい読書生活をお過ごしください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA